楽しいといった気がついたのは、四若者ベース。
スポットは左側の指。事象としては、左側指第一関節の疼痛とむくみ、細かい作業がしにくい。浮腫はしもやけものの、ぼうっとした感じ。触ると関節がごつごつやる。
痛みんだり痛まなかったりやるが、きつい折には些か当たっただけでも痛む。
関節痛の事象が出ているのが指につき、カジュアル何気ない動きや作業も痛む。曲げ伸ばしでは腫れぼったい違和感があり、もっと曲げるって痛む。ぶつけるって本当に痛む。
関節痛の出ているのが指なので、日常生活の何事にも窮する。
効き手でないのでまだまだ助かっているのかも知れないが、端末を打っている際やペーパーを折る機会など痛む時がある。
疼痛によって少々フットワークがにぶくなっているところの方が気になっている。
疼痛が深く出ている時は、曲げるという疼痛細かいものが掴みにくいので、手立てによる作業がしにくく達する。小さく切った野菜などの皮むきや、針仕事で小さいものを縫う際に、布を少なく持つケースなどに不具合を感じる。

リョウシンJV錠


整形外科に行ったが、老化現象とのことで治療方法はなしとのこと。
関節痛のダウンとしては、湿布や塗り薬の塗布というテーピング。塗り薬はスッとするので気持ちがいいが、あんまり痛み最期の効果は感じなかった。
湿布は同じくスッとするので想いがするどく、被覆の効能もしてくれるが、就業や水仕事をするにあたり不具合。
テーピングをすると指が曲がらないので疼痛は短い。当たるという少々痛む辺りなことと、一気に作ることができるので、疼痛が著しいときの戦法にはテーピングを通して掛かる。