こんばんは、連休のドミドル、相手方いかがお過ごしですか。
俺は、なんとなく酩酊のなか、こういう論文を書いてます。
酔ってる事例書くのって、いまいち好きではなかったんですが、今日は言わば書きたい心境です。

まぁいいことがあったんで記せるんですけどね。
失恋したけど、次いでよかったって感じる状況、こちら、近年で二回瞳の論文ですね。

前回はどちらかというと、手の届かない相手にはまりみたいになってたって言う現象。
今回は、なんか更に、運すぎる拡大で、手が届いてしまった相手の現象、です。
まったく、ここに書いてしまうのは手っ取り早い気がするんですが・・・。

今まで、好きな相手って強要年上って思ってたんです。
これって印象って商品なんでしょうね、なぜか年上でないと困難って思ってて。

けれども私もこういう年になるという、年下も有効なのかな・・・って。
友達の中にも、年下といい感じになってる方がいるし、もしかしたらその方が大切にしてくれる、慕って受け取るんじゃないかっておもうこともあって。
痛散湯

ただ、年上も平安って感じて得る相手でないと駄目けどね。
そうして、自分がオバサンという感触をかなぐり捨てなきゃならないし。
若々しい感触とか、恋にどっぷりはまれるかとか、結婚を意識しすぎないかとか。

これは全員ロジカルに考えたらであって、いよいよそういう顧客が現れたら、○○でなきゃという縛りは全員飛びちゃうんだろうなぁって思ってます。

今日本当は、俺には現れたけど、その方についていっていいのか、迷ってて。
惜しくも、相手が分かり易く俺にビジョン伝えてくれたら、当惑も絶えるんだけど。