私の最近の関節痛は膝痛だ。歳は73年代の時だ。
痛みに気が付いたのは夕刻寝ているといった膝の痛みで目が覚めてしまう。
左手の膝の方が痛いのだ。変調ハズたいていした痛みだ。
そこでさすったりもんだりして痛みが薄らぐのを待ちます。
後はウォーキング等で歩いているときに膝痛になります。
これもつらいです。
そこで公園の長椅子に座って、もみほぐします。
少しもんでいるといくらか痛みが和らぎます。
なのでまた駆け取りかかります。
これは歩きの筋力をつけるためです。日々で歩いていて困ることはあるくステップがのろいことです。
小学校や女性にまで抜かされてしまう。
いままで駅舎まで20分で行ったところを今では30分かかってしまいます。
これも老化による関節痛のなせる生業です。
復路困ることは段階の乗り下りだ。
手すりにつかまって乗り下りをしています。
リフォームの時に家庭の段階にも手すりをつけてもらいました。
もしや年代をとったら扱うかもしれないと思ったのです。
近頃は手すりをつけておいてよかったとしてある。
最初は絶えず通っている接骨院に行きました。
教官は老化による骨の摩耗だろうについてでした。
なので遠赤外線で温めて、通電してくれました。
後はマッサージや指圧だ。ストレッチングもしてくれました。
関節痛をやわらげるには歩きの筋力を強めることだと。
方策としては膝痛の体操をすることだと。
座って足を延ばして、爪先をつりあげるのだと。
これは筋力がついてきて、膝の苦悩を鎮める効果があるのだといった。
事後不安だったので病舎の整形外科に行きました。
そうなるとレントゲンを撮って、やっぱ骨が摩耗しているとか。
なのでヒアルロン酸の注射を打つことになりました。
貸し付け5回打つのだと。これで大体の人物が癒えるのだと。
多分膝痛には効果があると思いますって。

リョウシンJV錠